御社と貴社と弊社と当社の違い

社会人になってから、ごく日常的に使っている言葉に「御社」や「貴社」、「弊社」、「当社」などがあります。これらは、どれも日々のビジネスシーンにおいて、普通に使われる言葉ですが、正しい意味や用法をご存知でしょうか? 多くの方は、日常的なやりとりの中で、自然と身についているかと思いますが、一方で正しい用法は案外知らないという方も多いのではないでしょうか?

一般に商談やミーティングなどのビジネスシーンにおいて、言葉の使い方ひとつで、相手に対して不快感を与えたり、また自分の常識レベルを認識されたりするので、十分に注意することが必要です。ここでは、社会人として最低限知っておくべき基本用語である「御社と貴社と弊社と当社の違い」について、簡単にまとめてみました。

御社について

御社(おんしゃ)は、社外の人に向けて、相手の会社を指す言葉で、「そちらの(あなたの)会社」という意味があります。これは、相手の会社に対して、敬意をもって言い表す表現であり、通常、商談やミーティングなどにおいて、話し言葉(口語表現)として使われます。

貴社について

貴社(きしゃ)は、社外の人に向けて、相手の会社を指す言葉で、「そちらの(あなたの)会社」という意味があります。これは、相手の会社に対して、敬意をもって言い表す表現であり、通常、メールや手紙、書類などにおいて、書き言葉(文語表現)として使われます。

弊社について

弊社(へいしゃ)は、社外の人に向けて、自分の会社を指す言葉で、「こちらの(私共の)会社」という意味があります。これは、相手の会社に対して、へりくだった表現(謙譲語)であり、通常、話し言葉(口語表現)でも、書き言葉(文語表現)でも使われます。

当社について

当社(とうしゃ)は、自分の会社を指す言葉で、「私共の会社」という意味があります。これは、自分の会社を丁寧に言い表す表現(丁寧語)であり、主に社内(身内)で使われるほかに、相手と同じ立場、もしくは自分の方が上の立場である場合に、相手の会社に対して使われることもあります(その他にプレゼンや交渉などで強気に出る場合にも使われる)。また、報道(プレスリリース)やクレームへの対応、株主総会での応対などでも使われます。

自社と我社と小社について

自社と我社と小社は、弊社や当社と同様、自分の会社を指す言葉で、「私共の会社」という意味があります。自社(じしゃ)については、自社製品や自社商品、自社広告など複合語で使われることが多く、また我社(わがしゃ)については、社内で主に使われるほかに、プレゼンや交渉などで強気に出る場合にも使われます。なお、小社(しょうしゃ)については、弊社よりさらにへりくだった表現であり、日常的にはあまり使われません。

御社と貴社と弊社と当社の違い

御社と貴社は、相手の会社を指す言葉であるのに対して、弊社と当社は、自分の会社を指す言葉であり、各々の違いは以下のようになっています。

●相手の会社を指す言葉

・御社:社外の人に向けた話し言葉(口語)
・貴社:社外の人に向けた書き言葉(文語)

●自分の会社を指す言葉

・弊社:社外の人に向けた言葉(謙譲語)
・当社:主に社内の人に向けた言葉(丁寧語)

分類タグ