規定と規程と規則と規約と規律の違い

社会においては、様々な決まり事があり、「規定」や「規程」、「規則」、「規約」、「規律」などの用語を目にします。これらは、どれも「規(き)」が付き、二語目の違いにより意味が異なっていますが、それぞれの正確な意味をご存知でしょうか? また、日常の仕事では、規定や規程、規則などは、職場のルールとして目にすることも多いのではないでしょうか?

ここでは、意外と知っているようでいて知らない「規定と規程と規則と規約と規律の違い」について、簡単にまとめてみました。

規定の意味

規定(きてい)は、物事を一定の形に定めることやその定めた内容、法令の条文として定めることやその条文のことをいいます。これは、行動や判断の拠り所となる基準を意味する「規」と、決まりやさだめを意味する「定」からなる用語で、また「規定種目」や「規定料金」など複合語でも用いられます。

規程の意味

規程(きてい)は、決まりやさだめ、一定の目的のために定められた一連の条項の総体のことをいいます。これは、行動や判断の拠り所となる基準を意味する「規」と、物事をはかる基準や決まりを意味する「程」からなる用語で、また「職務権限規程」や「服務規程」、「旅費規程」など複合語でも用いられます。

規則の意味

規則(きそく)は、行為や手続きなどを行う際の標準となるように定められた事柄や物事のきまり、物事の秩序、国会以外の諸機関によって制定される法の一種のことをいいます。これは、行動や判断の拠り所となる基準を意味する「規」と、決まりやルールを意味する「則」からなる用語で、また「就業規則」や「取締役会規則」、「衆議院規則」など複合語でも用いられます。

規約の意味

規約(きやく)は、人が協議して決めた規則や団体の内部組織に関する規定のことをいいます。これは、行動や判断の拠り所となる基準を意味する「規」と、約束を意味する「約」からなる用語で、また「組合規約」や「会員規約」、「利用規約」など複合語でも用いられます。

規律の意味

規律(きりつ)は、行為の基準として定められたものや一定の秩序のことをいいます。これは、行動や判断の拠り所となる基準を意味する「規」と、 行動を秩序づけるためのおきてを意味する「律」からなる用語で、また「職務規律」や「内部規律」など複合語でも用いられます。

規定と規程の違い

規定と規程は、どちらも「きてい」と読み、混同して使われがちですが、明確な違いがあります。「規定」が個々の条文を指すのに対して、「規程」は個々の規定の全体(一定の目的のために設けられた複数の規定を体系的にまとめた総体)を指します。また、「規定」は「規定する」と動詞になるのに対して、「規程」は動詞にはなりません。

規定と規程と規則と規約と規律の違い

最後に「規定」と「規程」と「規則」と「規約」と「規律」の違いをざっくりとまとめると、以下のようになります。

●規定

物事を一定の形に定めることやその定めた内容(一つ一つの条文)。

●規程

一定の目的のために設けられた複数の規定を体系的にまとめた総体。

●規則

行為や手続きなどを行う際の標準となるように定められた事柄や物事のきまり。

●規約

人が協議して決めた規則。

●規律
行為の基準として定められたものや一定の秩序。

分類タグ