会う・逢う・遭う・遇う・會う・合うの違い

日常生活の中で、「友人と会う」や「めぐり逢う」、「事故に遭う」、「旧友に遇う」、「話が合う」といった言い回しを使うことがあります。これらの中に出てくる「会う」や「逢う」、「遭う」、「遇う」、「合う」といった用語は、どれも「あう」と読みますが、それぞれの違いをご存知ですか?

ここでは、知っているようでいて意外と知らない、「会うと逢うと遭うと遇うと會うと合うの違い」について、簡単にまとめてみました。

「会う」の意味と用法

「会う」は、ある場所で顔を合わせ、互いに相手を見てそれと認識する、誰かと対面することをいいます。また、会うの「会」には、集まり・寄り合い、多くの人々が集まる所、その場に出会う、チャンス、さとる、合わせる、計算するといった意味があり、また「会議」や「会合」、「会社」、「集会」、「大会」、「社会」、「都会」、「会談」、「会話」、「再会」、「面会」、「機会」、「会計」といった複合語でもよく用いられます。

一般に「会う」は、「あう」と読む用語の中で、最も広く使われており、「合う」以外の用語の代用として使われることも多いです。

<会うの用例>

・初対面の人と会うと緊張してしまう
・実際に会うと、ほわっとした人だった
・学生時代の友人と会うことがめっきり減った

「逢う」の意味と用法

「逢う」は、ある場所で顔を合わせ、互いに相手を見てそれと認識する、誰かと対面することをいいます。また、逢うの「逢」には、思いがけず出会うといった意味があり、また「逢瀬」や「逢引」、「逢着」といった複合語でも用いられます。

一般に「逢う」は、「会う」とほぼ同義ですが、「逢」が常用外漢字のため、日常的にはあまり用いられず、小説や詩など文芸で用いられることが多いです。なお、「逢瀬」や「逢引」などから、出会う相手が親しい人や好意を抱いている人というニュアンスがあり、通常、嫌な人と会う場合には用いられません。

<逢うの用例>

・また逢う日まで
・きっとまた何処かで逢う
・闇雲に動いても良い人にめぐり逢うことは難しい

「遭う」の意味と用法

「遭う」は、偶然に出会う、出くわす、好ましくない出来事が身に及ぶ、遭遇することをいいます。また、遭うの「遭」には、思いがけず出あう、めぐりあうといった意味があり、また「遭難」や「遭遇」、「遭逢」といった複合語でも用いられます。

一般に「遭う」は、顔を合わせたくない人や不快な事柄にふいに出くわすといったニュアンスがあり、通常、書き言葉では、それを表現する場合に使われます。

<遭うの用例>

・ナメていると痛い目に遭うかもしれない
・リストラされた前の会社の人とは遭いたくない
・バイクはクルマに比べ、交通事故に遭うリスクが高い

「遇う」の意味と用法

「遇う」は、偶然に出会う、思いがけずあうことをいいます。また、遇うの「遇」には、思いがけず出会う、よい運にめぐりあう、もてなすといった意味があり、また「遭遇」や「奇遇」、「境遇」、「千載一遇」、「優遇」といった複合語でも用いられます。

一般に「遇う」は、何らかの好ましい人や物事に出くわす場合に使われ、一方で好ましくない場合は、「遭う」が使われることが多いです。

<遇うの用例>

・旅行先で、たまたま昔の友人と遇った
・こんな幸運に遇えて、少し怖い気がする
・街中で芸能人に遇えるなんて信じられない

「會う」の意味と用法

「會う」は、「会う」と同義で、ある場所で顔を合わせ、互いに相手を見てそれと認識する、誰かと対面することをいいます。また、會うの「會」は、「会」の旧字であり、時代の流れの中で、略字の「会」が常用漢字となりました。

一般に「會う」は、現在では使われておらず、昔の(古い)書物などで見かけることがあるかもしれません。

「合う」の意味と用法

「合う」は、 二つ以上のものが一つになる、よく調和する、くい違いがない、ある基準と一致する、それだけのことをするかいがあることをいいます。また、合うの「合」には、あわせる、一致するといった意味があり、また「合計」や「合成」、「合同」、「合流」、「集合」、「融合」、「総合」、「合理」といった複合語でもよく用いられます。

一般に「合う」は、一つに合するや調和する、適合するといった意味で使われ、同音異義語の「会う」とは全く意味が異なります。

<合うの用例>

・出会った時から、彼女とは気が合う
・好きなアーティストが同じなので話が合う
・頭が大きく、なかなかサイズが合う帽子がない

「会う」と「逢う」と「遭う」と「遇う」と「會う」と「合う」の違い

最後に「会う」と「逢う」と「遭う」と「遇う」と「會う」と「合う」の違いをざっくりとまとめると、以下のようになります。

◎「会う・逢う・遭う・遇う」と「合う」は意味が全く異なる。「会う」の旧字は「會う」で、「会う」は「会う・逢う・遭う・遇う」の中で最も広く使われる。

・会う:顔を合わせる、対面する
・合う:一つに合する、調和する

◎「会う」と「逢う」と「遭う」と「遇う」は、ニュアンスがそれぞれ異なる。

・会う:顔を合わせる、対面する
・逢う:出会う、落ち合う
・遭う:好ましくない人や物事に出会う
・遇う:好ましい人や物事に出会う

◎「会う」と「逢う」と「遭う」と「遇う」は、用いられる対象が異なる。

・会う:人(誰でも)
・逢う:人(好きな人)
・遭う:人や物事(好ましくない)
・遇う:人や物事(好ましい)

分類タグ